【重田康光の光通信3,000億円帝国】息子と同じ代理出産を【港女子】へ

未分類

港区女子への1億円という代理出産の大胆なオファーは間違いなく重田康光の最も物議を醸した行動だった。

2023年7月8日の文春オンラインで港区女子のLINEにグループに1億円で出産依頼をしたいとの内容のLINEが出回っていると報道されています。

数年前に息子の光時(みつとき)氏が19人の代理出産を依頼し施設を作って育児を任せていると報道がありタイ国ではかなり問題になりました。

この件の結末はまだわからないが社会の常識に挑戦し、家族に対する考え方を変えようとする重田の決意を強く思い起こさせるものである。

写真は重田康光氏

港区女子に1億円!代理出産の手当金

ある資産家が1億円で代理出産できる人を探しているという「1億円の出産案件」

資産家の名前は伏せられていたようですが港区女子たちの間では、誰なのかはうわさで広がっていたようです。

ある資産家が自分の子どもを産んでくれる女性を探している

性交渉ではなく体外受精で妊娠する

体外受精は男兄弟などの保険証を利用し“既婚者”のフリをしてクリニックで行う

出産すれば、子ども1人当たり女性に9500万円が、紹介者に500万円が支払われる

報酬は現金で手渡し

子供に相続権は発生しない

子供が優秀な場合は学費の援助や依頼者の会社で役員登用される可能性がある

こんなLINEが港女子界隈に流布していると言います。

株式会社光通信会長の重田康光さんではないか?

文春オンラインの取材では港区女子のLINEに送られた写真は東証プライム市場に上場するIT企業株式会社光通信の創業者で会長の重田康光さん58歳ではないかと報道されていました。

総資産5600億円を超える経済界の超大物です。

しかしご本人は否定されているようです。

彼の大胆な申し出は母性の定義と子供の養育における愛とケアの重要性についての全国的な話題に火をつけました。

“女性に報酬を支払って体外受精などで自身の子を産んでもらうこと”は犯罪には当たらない。だが、倫理上の様々な問題をはらんでおり、第三者への精子提供については世界中で法整備が現在進められているところだ。

引用:https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/nation/bunshun-63947?page=3

 

【株式会社光通信会長重田康光の家族と資産】

プロフィール

名前:重田康光 出身地:東京都

生年月日:1965年2月25日(58歳)

職業:株式会社光通信 代表取締役会長兼CEO

2023年 – 日本長者番付で第5位(フォーブス誌)

重田康光氏の生誕について在日ではないかとのうわさもあります。当時在日の方の活躍が華々しく2005年当時の高額納税者上位25人中12人が在日の方でした。参考までに

2.福田吉孝 5600億円【アイフル】(サラ金)、3.武井保雄 5500億円【武富士】(サラ金)
5、木下恭輔 4700億円【アコム】(サラ金)、6.毒島邦夫4700億円【サンキョウ】(パチンコ)

8.孫正義 4300億円【ソフトバンク】、11.柳井正 3200億円【ユニクロ】噂あり
13.重田康光2600億円【光通信】噂あり, 17.神内良一2200億円【プロミス】(サラ金)

19.岡田和生1700億円【アルゼ】(パチンコ)、20.辛格浩(重光武雄)1700億円【ロッテ】
22.大島健伸1400億円【SFCG(旧:商工ファンド)】、25.韓昌祐 1100億円【マルハン】(パチンコ)

重田康光さんの家族構成は5人。嫁と子供3人です。

長男:光時(みつとき):1990年2月9日 (後述のタイでの代理出産の当事者)

光時さんが24歳の2014年にタイ・バンコクの高級分譲マンションで乳幼児13人がみつかりました。いずれも代理出産で生まれた子供で当時タイではセンセーショナルに報道されました。

次男:将光(まさみつ)1992年3月31日生まれ。高校卒業後にイギリスに留学して芸術を勉強し現在は日本で芸術活動に励んでいます。

三男:哲央(てつお)重田哲央さんの情報は公表されてないようです。

【現在の居住地は東京都港区】

東京都の住宅地地価ランキング1位の麻布界隈です。2023年の総資産はおよそ5200億円と言われ日本のトップ12位になっています。

 

【光通信帝国】重田康光の非凡な世界

 

東京の弁護士の父親を持ち質素な家庭に生まれた重田の成功への道のりは驚くべきものであった。幼い頃から彼は飽くなき好奇心と変化をもたらすという不屈の決意を示していました。

「巣鴨高校」卒業後「はり灸」の専門学校に入学するが即退学。その後「日本大学経済学部」に入学するがすぐ中退する

経歴

日本大学経済学部を中退後電話加入権を販売する企業に就職。

1988年2月 株式会社光通信を創業。携帯販売事業で急激な成長を遂げます。

1996年 当時史上最年少の31歳で株式を店頭公開

1999年 当時史上最年少の34歳で東京証券取引所第一部に上場を成し遂げ株式会社ソフトバンクの社外取締役に就任。

米国経済誌『フォーブス』に約2兆6000億円の個人資産を持つ世界第5位の富豪として紹介されました。

当時のITバブルを牽引した人でもあるようです!

2003年には株式会社光通信・代表取締役会長兼CEOに就任しました。

重田が光通信を設立したのは1990年代後半のことだった。携帯電話がますます普及していた時代で重田は成長と革新の可能性を見出していました。

 

 

光通信の成功は業界を震撼させ重田はビジネスエリートの仲間入りを果たしました。

 

タイ代理出産の日本人は!光通信の重田康光氏御曹司 重田光時だ

数年前にはタイ国で話題になった事件がありました。代理出産問題で話題になっている24歳日本人男性は100~1000人の子供をもうける壮大な野望を持っていたようです。

当時日本のマスコミはあまり大々的には報道されませんでした。何かのチカラがあったと噂されています。

ZAITEN引用

実は、このタイの代理出産で話題になった男性はその大企業の創業者一族だったようです。

光通信の重田康光の御曹司 重田光時氏です。彼もまた巨額の資産を保有しています。

重田光時さんの保有している有価証券だけで70億円以上配当金だけでも年間1億円は
収入があると言われています。

 親子そろって子孫を残すためと社会への冒涜

「生命体の目的は何かあったら種を残すとそれしかあんまり仕事ってないんだよ。残したやつは勝ちで残せなかった人は負け」

重田氏のように「女性に報酬を支払って体外受精などで自身の子を産んでもらうこと」は犯罪には当たりません。

倫理上の様々な問題をはらんでおり第三者への精子提供については世界中で法整備が現在進められていると言います。

「現在の日本における問題として提供配偶子を用いた生殖補助医療に関する法整備がないことや出自を知る権利を保障するための情報提供機関が未登録であること多様な家族の形に法整備が追い付いていないことなどが挙げられます。

日本では日本産科婦人科学会の会告が実質的なガイドラインになっておりこの中で同一の精子提供者からの出生児は10人以内と規定されています。

海外でも法律などによって近親相姦のリスクを減らすため1人の男性の精子提供に偏らないよう定めています。

また日本の市民団体「NO!セルフID 女性の人権と安全を守る会」より

自由民主党厚生労働部会「生殖補助医療についてのプロジェクトチーム」座長 古川俊治様

自由民主党政務調査会長 萩生田光一 宛てに嘆願書も出されている。

まとめ

今の日本の倫理感・人道的なことを鑑みても薦められることではありません。

親としてどうなのか?。多いに疑問です。お金を持っている人は何をやってもいいというような風潮は許しがたい事案です。

※ 株式会社 光通信のホームページです。とてもIT関連の会社とは思えないホームページです。

タイで代理出産された人たちは今どうしているのかはわかりません。その子供たちが幸せなのかどうかはわかりません。19人もの代理出産した人は母親の認識はあるのだろうか? そしてその当人(子供たち)は何を思うのだろうか?

今の港女子たちはそんなことはあまり考えない、お金がもらえるのなら進んで請け負う人たちもたくさんいることと想像します。

幼児虐待とか育児放棄とかもニュースでよく見ます。自分の子供人薬を飲ませてわざと上記にしてしまう親もいます。非常に悲しいことです。

「港女子よ」ちゃんと考えて判断することを希望します。

 




未分類疑問・噂
zi-ziをフォローする



やまとの風
Index
タイトルとURLをコピーしました