PR

【藤沢さつき(ロコ・ソラーレ)激やせ】変わり果てた姿に驚愕!!女を捨てた理由は?

Blog

追記 【藤沢さつき(ロコ・ソラーレ)戻ってきました】解説者として登場した「さっちゃん」は「白いさっちゃん」として現場に復帰。たどたどしさがやっぱりかわいいです。

追記【藤沢さつき(ロコ・ソラーレ)激やせ】変わり果てた姿に驚愕!!女を捨てた理由は? 白いさっちゃんが戻ってきた!!”

「藤沢さつき」氷の上に「ただいま戻ってまいりました!!」

白い「さっちゃん」が戻ってきました。一安心!!

「女を捨てた」さっちゃんが白いさっちゃんに戻ってリンクに帰ってきました。趣味でやってたという筋肉少女はひと段落させひとまず解説者としてリンクに戻ってきました。

 

カーリング女子で22年北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレの藤沢五月(32)が4日、「どうぎんクラシック」のYouTube配信で初の解説を務めました。

「緊張してます」と恐縮しながら現役選手ならではの視点で解説しました。さっちゃんらしい鋭い話や、ぽわっとしたたどたどしい話し方も前と一緒でした。

先月のボディーメイクコンテスト「MOLA CUP」に出場して鍛え上げられたムキムキの肉体美を披露したさっちゃん。各方面に大きな衝撃を与えました。女を捨てたのかなと思ってしまいました。(正直言うと)

本人は「ちょっとオフにカーリング以外のことをやってみたいと思ったら想像以上に取り上げていただいて。大変お騒がせしました」と笑って振り返っていました。

 

初回記事 ↓

カーリング女子平昌五輪で銅、北京五輪で銀メダルを獲得した藤沢五月(ロコ・ソラーレ)が22日、茨城県水戸市で開催されたボディメイクコンテスト「MOLA CUP」に出場。衝撃の肉体美を披露しました。

変わり果てた姿に驚愕!!なんでこうなったのでしょう? 個人的見解を記事にします。

藤沢さつき(ロコ・ソラーレ)は筋トレ趣味

藤沢さつきはもともと筋トレを趣味としていました。

3カ月程前にパーソナルトレーナー、食事サポートを行うユーチューバーのマムシ〇口子(まむしまるくちこ)さんに自ら連絡を取り交流を開始したと言います。

当初は食事面の相談を行っていたがマムシ〇さんがFWJのコンテストに出場していることに刺激を受け藤沢もコンテストへの出場を決意。

 

最近は藤沢が痩せてきた様子が話題になっていたがその理由も判明した格好ですね。

初出場の舞台で藤沢さつきはマムシ〇さんのサポートを受けてビキニクラスのオープン部門2位、同ノービス部門3位の成績を残しました。

藤沢さつきプロフィール・出身

プロフィール

藤沢さつき  1991年5月24日生まれ(32歳) 愛称は「さっちゃん

出身     北海道北見市  所属  中部電力→ロコ・ソラーレ(現在)

2007年、北海道北見北斗高等学校に進学

高校1年生(2007年-2008年シーズン)、2年生(2008年-2009年シーズン)の2期連続で、日本ジュニアカーリング選手権優勝、パシフィックジュニアカーリング選手権優勝を果たし、世界ジュニアカーリング選手権に出場する。

2010年3月の日本カーリング選手権大会に個人としてもチームとしても初出場して3位に入賞する。

2015年3月末中部電力を退社した。のちに現所属(ロコ・ソラーレ)に移籍しました。

2016年日本カーリング選手権大会で優勝し2016年世界女子カーリング選手権大会で準優勝(銀メダル)

2017年2月の札幌冬季アジア大会カーリングでは銅メダル。

2018年 平昌オリンピックでの銅メダル。

2022年2月の北京オリンピックでは決勝に進出するもイギリスに敗れたが前回平昌大会を上回る銀メダルを獲得した。

 

藤沢さつきが結婚しない理由

藤沢さつきは現在も独身です。両親、兄、姉も含め一家5人全員がカーリング選手です。

藤澤の両親は2016年に北海道ミックスダブルス選手権で大学生などを相手に3位になり全国大会にも出場したほどの実力で全国大会で2位までに入れば平昌オリンピック出場の可能性もあったと言います。

藤澤さつきは「趣味はカーリング。特技もカーリング。休日もカーリング。ストーンが恋人という正にカーリングオタク」だと語っています。

次のオリンピックに出場しなんだかのメダルをもって引退したら結婚を考えるかもしれません。

カーリングが恋人。数年後に期待しましょう。しかしこんな姿になった藤沢さつきを奥さんに持つ男性は現れるのでしょうか?

女を捨てた理由はこれだったのでしょう。

藤沢さつきのファンの反応は

うわーびっくり。個人的には以前の藤沢さんの柔らかい雰囲気が好きだったのでちょっと残念だけど、本人の自由だしね。ここまで鍛えられるのはストイックな証拠でしょう。

この姿は衝撃的です。 ここまで鍛えあげるには強い意志と継続した努力が必要です。それを成し遂げれるのは素晴らしい事だと思います。 しかし、女性的な可愛らしさと若々しさを失ってしまったようで、ほとんどの男性は前の方が良かったと思うのではないでしょうか。

前の少しふくよかで、もぐもぐタイムしていた時の藤沢さんの方が健康的で素敵だったと思います。普通ボディービルとはこんなものなのかもしれませんが。カーリングの時にはやはり元に戻っていてほしいと思いますね。

、、、、 やはり反応はフィフティで前のほうがよかった派とさすがアスリート派(応援派)に2分されるようです。

藤沢さつき次のオリンピック出場

やはり彼女は次も狙います。次のオリンピックはイタリア北部の都市ミラノとコルティナ・ダンペッツォでは3年後にミラノ・コルティナ2026冬季オリンピックが開催されます。

新しい仲間と前回届かなかった金を狙っていくはずです。みんなで彼女の女を取り戻す応援をしましょう。

藤沢さつき仲間たち まとめ

初めてのオリンピックの舞台で次々に決める正確なショット。その秘密はオリンピック直前の本拠地の北海道でフォームの改良にありました。

これまでのフォームはストーンを投げる際重心のかかる左足に体重を乗せ、かかとをあげて投げていました。この投げ方はストーンに体重をのせやすく日本で有数のスピードのあるショットと評価されていました。しかしコントロールが難しい投げ方でした。

そこでかかとを氷につけ重心を体の中心に置いて投げるコントロール重視のフォームに変えました。オリンピック本番1か月前にフォームを変えるという重大な選択をしたのです。

なぜそれができたのか?
それができたのも仲間への信頼があったからです。ストーンを投げる方向を正確にできればスピードが落ちたとしても仲間たちの氷を掃く「スイープ」の力で補うことができると信じていたのです。

仲間とつかんだ3連勝

3連勝がかかった15日夜の韓国戦チームを逆転勝利に導いたのも藤沢選手と仲間たちが力をあわせて決めた正確なショットでした。

第9エンド先攻の日本、藤沢選手の投げた最後のストーンは円の中心をとらえそのプレッシャーが相手のミスショットを誘い逆転に成功しました。

藤沢のチカラは仲間からのエネルギーだったのです。仲間を信じ己の路を突き進んだことで数々の勝利をものにしてきました。藤沢さつきの強さの秘密化もしれません。

3年後のイタリアオリンピックでは強さを見せ必ずや見樽をとる事でしょう。

そしてそのあとは女性に戻って、幸せな花嫁さんになる事になるでしょう。頑張れ”藤沢さつき。

(7月28日・追記)藤沢五月かわいかったあの頃に、、、復帰。

藤沢五月「白くなってる!」カーリング会場に戻ってきました。カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレの吉田知那美が28日インスタグラムを更新しました。藤沢五月らチームの集結したショットを公開してくれました。

この日は、おなじみのカーリング会場でカーリングのユニホームにTシャツを着た姿で落ち着いた印象です。

フォロワーからは「さっちゃんが白くなってる」という声が上がった。

この日はロコが小学生にランドセルをプレゼントする活動のイベントでした。

「クラリーノ 子どもたちみんなが自分で選んだ素敵なランドセルで楽しい学校生活を送れますように!」とつづっていました。




BlogTV
シェアする
zi-ziをフォローする



やまとの風
タイトルとURLをコピーしました