高木綾子プロ音楽家の子供たちと?徹子の部屋で紹介

スポンサーリンク
TV
スポンサーリンク

プロの音楽家 フルート奏者の高木綾子さんがゲスト出演。「プロフルート奏者・3時の母・藝大大学准教授」も3つの顔を持つ”スーパーウーマン”の高木さんが「徹子の部屋」にゲスト出演。

今回はフルート奏者として技術はもちろんのこと個性あふれる音楽を生み出し今もっとも注目を集めている個性的実力派の高木綾子さんについてまとめました。

3児の母は子供にどのような教育をしているのか?資産や収入はどうなのでしょう? ご主人についても調べてみました。

スポンサーリンク

高木綾子プロフィール

  • 名前 高木綾子(たかぎあやこ)
  • 生年月日 1977年9月2日
  • 出身地 愛知県豊田市
  • カテゴリー フルート奏者
  • 出身大学 東京藝術大学・東京藝術大学大学院
  • 所属 株式会社AMATI

華やかな実績

高木さんの音楽の才能は止まることなく大学、大学院共に東京藝術大学に通い自己研鑽に努めました。

フルートの実力は大学内外にも認められるようになり数々の賞を受賞しています。

  • 1995年 毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール東京大会 第1位
  • 1997年 神戸国際フルートコンクール 奨励賞
  • 1999年 日本フルートコンベンションコンクール優勝 オーディエンス賞
  • 2000年 日本管打楽器コンクールフルート部門第1位 特別賞
  • 2001年 日本音楽コンクールフルート部門第1位

様々なコンクールに出ている傍らで大学在学中から本格的に演奏活動も開始しました。

ソロ活動では2000年にCDデビューを果たしています。

高木さんのフルートの実力は世界中からも認められるようになり海外のオーケストラや少人数団体との共演も果たしています。

ベルリン・ユーバル・カルテットや香港シンフォニエッタなど有名な団体や、サンクトペテルブルク交響楽団が日本でツアーを行った際のソリストとして一緒に高木さんも同行されていました。

2004年の秋はパリ室内管弦楽団との共演でパリデビュー、2006年には名古屋フィルハーモニー管弦楽団のソリストとしてアジアツアーにも同行しました。2008年には韓国のKBS交響楽団とも共演しています。

現在は高木さんのソロとしての活動以外に、東京藝術大学准教授、洗足学園音楽大学客員教授。尚美ミュージックカレッジ専門学校、武蔵野音楽大学、日本大学芸術学部にて非常勤講師を務めるなど後世への指導も積極的に行っているそうです。

収入の試算と資産は?

高木さんの収入は試算してみると、、、、、、。

音楽家としての活躍もすごいです。CDもリリースして藝大他様々な学校で准教授をこなし大きなコンサートも定期的に開催しています。

どう考えても3千万以上の収入が考えられます。

自宅も地下にスタジオを備えられる規模です。正確な資産はわかりませんが相当稼いでいます。

 

家族

高木さんは2007年4月3日に結婚されています。お相手は、同じ東京藝術大学出身のトロンボーン奏者松永英也さんです。

子どもは3人います。2009年9月13日に男児、2011年9月20日に女児、2013年8月24日に男児を出産しています。

SNSで子どもの写真や子どもと高木さんが写っている写真を載せるなど、微笑ましい瞬間が沢山みることができます。プライベートも充実していることがわかります。子供たちはそれぞれ楽器を練習しているそうです。

地下室にスタジオ、グランドピアノがあり子供たちはピアノのレッスンに一生懸命だと言っています。

さすが音楽一家、将来が楽しみです。

3児の母としても大活躍

SNSで子どもの写真や子どもと高木さんが写っている写真を載せるなど、微笑ましい瞬間が沢山みることができます。プライベートも充実していることがわかります。

 

使っている楽器(メーカー)はどこ製? 何?

高木綾子さんが使用されているフルートは「HELMUTH HAMMIG No.442」

ヘルムート・ハンミッヒの総銀製フルートです。一体おいくらほどするのでしょうか…

総銀製ハンドメイドフルートはムラマツは120〜130万円くらい、
パウエルは260万円くらいで購入可能のようです(2023年3月現在)

ヘルムート・ハンミッヒが制作した楽器は世界に460本ほどしか存在しないため
他のフルートやピッコロと同じように楽器店のホームページに載っていることはありません。

高木綾子さんが愛用しているヘルムート・ハンミッヒの価格は最低350万円と試算できました。

3役をそつなくこなし、コンサートなどでも大忙しの高木さんはすごいです。

私も尊敬できる大音楽家です。

現在は後進の指導にも頑張っています。高木さん個人でのソロ活動やデュオなど様々な音楽形態で演奏活動も行われているそうなので機会があったら是非聴いてみてください!

Index
タイトルとURLをコピーしました